記事詳細ページ

さしこ工房 創匠庵 さしこ入きんちゃく袋・・・10名様

刺し子の歴史


その昔、米沢には花ぞうきんという、刺し子の”ぞうきん”がありました。

こすられ、水で絞られ、ぼろぼろになる運命のぞうきん。
そのぞうきんに、蜂の巣(亀甲)のような形の枠をとり、様々な文様を刺しこんでいったものです。

これは上杉鷹山公が米沢藩主となる以前、半農半士の武士の妻達の手で作られたのが始まりです。

創匠庵では、どなたでも刺し子を楽しめる初心者向けの体験教室(要予約)を用意しております。

お気軽にご参加ください。

さし子のぬくもりを「創匠庵」でぜひ実感してください


さしこ工房 創匠庵 さしこ入きんちゃく袋を10名様にプレゼント!

お店のHPはこちらです。

2015.03.12:[豪華プレゼント]


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

川西エリア
飯豊・小国エリア
長井・白鷹エリア
南陽・高畠エリア
(C) やまがた花回廊キャンペーン実行委員会 All Right Reserved.